SIMカード&SIMフリー|賢いお得な選び方ガイド

イオンSIMカード

売り上げ6兆円!イオングループが展開するイオンスマホ

おなじみイオンやトップバリュ、ミニストップやダイエーなどを幅広く展開しているイオングループ。

 

そのイオングループがスマホ業界に参入したことは大きなニュースになりました。

 

特徴は格安SIMだけでなくオリジナルブランド「イオンスマホ」とのセット販売。

 

格安SIM&SIMフリーに手軽に手を伸ばせるメーカーです。

 

イオンのスマホセットのお得ポイント

イオンが販売しているスマートフォンの特徴は、多岐なラインナップ。

 

SONYのVAIOやXperia、京セラ、富士通のARROWSなど、大手キャリアにも負けないラインナップを格安で販売しています。

 

基本料金と合わせても月額3000円程度で格安SIMとSIMフリー端末のセットを使うことができます。

 

イオンスマホとSIMをセットで買うことのもう一つのメリットは、専用のサービスを受けられること。

 

イオンではイオンスマホ安心パックというプランがあり、万が一スマホを壊してしまった場合でも月額600円のオプション代金を支払っていれば無料で交換してくれます。

 

また、安心パックにはスマホ電話サポート、スマホセキュリティもついており、SIMフリースマホ初心者でも安心できるプランがあることも良いところです。

 

 

通信料金、通話料は?

イオンの格安SIMの月額料金は3タイプ。

 

・1GBプラン月額1,350円

 

・6GBプラン月額1,650円

 

・12GBプラン月額2,980円
※全て(税抜)の価格

 

この中から選択した料金にスマホの分割払いが上乗せされます。

 

例えば富士通のARROWSを選んだとしたら月額1,530円(税別)の支払いになりますので6GBプランを選んだとしたら月額3,180円の支払いになります。

 

大手キャリアが最低でも6000円〜7000円の支払いですので破格の安さですね。

 

ただ、注意しないといけないのが通話料。

 

上記の金額には通話料は入っていません。

 

イオンモバイルの通話料は20円/30秒。

 

大手キャリアが通話料定額制を導入する前の金額ですね。

 

通話料を抑えるために通話アプリやIP電話を活用する必要がありそうです。

 

 

イオンモバイルを選ぶメリット・デメリット

 

メリット

・格安SIMとSIMフリー端末のセットが安く購入出来る。保証も有り。

 

・基本料金と通信料金合わせて1,350円〜と格安

 

・即日お渡しの店舗があり、その日から使える

 

・解約金、違約金がなく、乗り換えも楽(端末料金の残りは支払いが必要)

 

 

デメリット

・通話料金がそこそこ高い、無料通話オプションも無し

 

・スマホ本体の分割払いはイオンカードのみ対応

 

・販売されているスマホのスペックが低め

 

安いのはそれなりに理由がある、ということですね。

 

プランや機種、サービスをしっかり比較して選ぶといいと思います。

関連ページ

OCNモバイルONE
OCNモバイルONEの特徴、プラン
Y!mobile
Y!mobileSIMカードの特徴、プラン
楽天モバイル
楽天モバイルの特徴、プラン
So-netSIMカード
So-netSIMカードの特徴、プラン