SIMカード&SIMフリー|賢いお得な選び方ガイド

最安月額525円!楽天モバイルSIMカード

 

楽天グループが運営している楽天モバイル。

 

最安月額525円で利用できる安さを武器にしています。

 

それぞれのプラン、料金等を比較していきます。

 

楽天モバイルの料金プラン

 

楽天モバイルの格安SIMは大きく分けて3タイプ。

 

・通話SIM

 

・データSIM

 

・データSIM(SMSあり)

 

この3つです。

 

通話SIMの料金プランは?

 

楽天モバイルの通話SIMのプラン別の月額料金は以下の通り。

 

初期費用 3,000円
通話料金 20円/30秒
ベーシックプラン(200kbps)1,250円
3,1GBパック 1,600円
5GBパック 2.150円
10GBパック 2,960円

 

最低利用期間 12ヶ月
違約金 9,800円

 

MNPも対応しています。

 

データSIMの料金プランは?

 

初期費用 3,000円
ベーシックプラン(200kbps)1,250円
3,1GBパック 1,600円
5GBパック 2.150円
10GBパック 2,960円

 

楽天モバイルその他のサービス

 

その他のサービスは以下のものがあります。

 

初月無料→全てのSIMカードプランの料金が初月無料!

 

データ繰り越しは一月の利用の中で使い切らず余ったデータ容量を翌月に持ち越してくれるサービスです。
例えば3,1GBプランを契約してデータが300MB余ったとすると、翌月の容量は3,4GB容量で使用することができます。

 

楽天ポイントは毎月の利用料100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント付与されるサービスです。貯めたポイントは楽天の買い物などに使うことができます。

 

端末お見舞い金サービス
SIMフリー端末&SIMカードをセットで買った場合に入れる保証サービス。月額350円。
万が一破損や故障が起こった場合、規約に沿ってお見舞い金を支払ってくれる。

 

メリットとデメリット

 

メリット

 

・最安525円の格安の利用料で使える

 

・格安SIMにはめずらしく大容量10GBのプランあり

 

・端末セットもある。高スペックのZenfoneが月額1000円台で買える

 

・初月の料金が無料。

 

・データ繰り越しで無駄なく通信容量を利用することができる

 

デメリット

 

・通話SIMは最低12ヶ月の縛りがある。違約金も9,800円と他社よりも高め。

 

・その他のサービスが少ない。

 

 

まとめ

 

通話SIMの最低利用期間や違約金の高さは少し気になりましたが、バランスが良いSIMカードだと思います。

 

月額525円が最安というのが最大のウリだと思います。

 

10GBのプランが3,000円を切ってしまうところはスマホのヘビーユーザーからすると嬉しいのではないでしょうか。

 

あとはもう少しサービスや機能が増えてくれると嬉しいですね。

関連ページ

イオンSIMカード
イオンSIMカードの特徴、プラン
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEの特徴、プラン
Y!mobile
Y!mobileSIMカードの特徴、プラン
So-netSIMカード
So-netSIMカードの特徴、プラン