データ通信専用カードの基礎知識

データ通信専用カードで月々の料金を抑えよう!

データ通信専用カードとは?どんな時に使うの?

データ通信専用カードとは、音声通話プランがついていないSIMカードのこと。
通話機能が必要ない端末やデータ通信専用の端末を外出先で使う時に必要になります。
主な用途は

 

・タブレット(iPad、nexus、Galaxy note等・・・)

 

・タブレット型PC

 

・PS Vita

 

・データ通信しかしないスマホ

 

・モバイルルーター、ポケットWi-Fi

 

などに使うことが多いです。

 

 

データ通信専用カードのメリットは?

データ通信専用カードを使うメリットは料金が安くすむということ。

 

通話料金がかからないのでスマホやタブレットのお金を節約できます。

 

最近はスマホを2台持ちしている人がこのカードを選ぶことも多いです。

 

2台目のスマホをデータ通信用にすれば、LTEの速度制限がかかることが少なくなるからです。

 

 

データ通信専用カードの料金は?

 

格安SIMの事業者が販売しているデータ通信カードの料金は概ね定額制が多いです。

 

月額980円で使い放題のプランなどもあります。

 

ただ、決められた通信容量を超過すると速度制限がかかることがほとんどです。

 

自分のスタイルに合った料金プランを選ぶのがポイントです。

 

 

 

データ通信専用カードの帯域制限は?

月の料金がとても安いデータ通信専用カード。

 

しかしほとんどのプランが使いすぎると帯域制限がかかるようになっています。

 

速度制限がかかると通信速度がガクッと落ちてしまいます。

 

速度制限を解除するために高い料金がかかってしまうことも・・・

 

どれくらい使うと速度制限がかかるかは会社やプランによってさまざま。

 

格安SIMを契約する前にしっかりとプランを確認しておきましょう。

 

 

速度制限を回避するためにWi-Fiを活用しよう

せっかく料金を抑えてもスマホの使い勝手が悪くなる速度制限。

 

データ通信量を節約するためにはWi-Fiを活用しましょう。

 

Wi-Fiを使って通信するとLTEの回線は一切使用しないので、通信容量の上限にカウントされません。

 

自宅では無線LANを使い、外出先では公衆Wi-Fiサービスを活用しましょう。

 

SIMの会社によっては公衆Wi-Fiサービスが無料でついてくるプランもあるので、
SIMを選ぶ選択肢の一つにしてみてください。

 

 

データ通信専用端末で通話をする方法はこちら

関連ページ

要注意!SIMのサイズは3種類ある
SIMのサイズは3種類あるので、自分のスマホに合うかチェックしておきましょう。
SIMカードとは?SIMカード&SIMフリーの基礎知識
SIMカード、格安SIMってなに?
別のiPhoneにSIMカードを使えるか?
複数のiPhoneにSIMカードをさして使えるか?
格安SIMカードでメールはできる?
格安SIMでメールはできるのか?
格安SIMカード、エリアと通信速度は大丈夫?
格安SIMの電波のエリアと通信速度
SIMカードなしでWi-Fi、Wi-Fiスポット、おサイフケータイは使える?
SIMカードなしでWi-Fi、おサイフケータイは使えるのか
格安SIMカード&SIMフリーで通話はできるのか?通話料金を安く抑えたい!
格安SIMで通話を使う方法、節約する方法