SIMのサイズ

要注意!SIMのサイズは3種類ある

SIMカードを購入するときに、気をつけておきたいのがSIMカードのサイズ。

ミニSIM

ミニSIMは標準サイズといわれるSIMカードのサイズ。 標準といっても1番大きなサイズになります。 現状のスマホに使われることはほとんどないが、2011年頃までに発売されていたGalaxyやNexusなど古い端末でSIMを使う場合はこのサイズを選ぶことに。

マイクロSIM

少し前のAndroidで使われるのがマイクロSIM。 接触面は金属端子になっているため、装着時には気をつけて触れること。

ナノSIM

これから最もスマホでは主流となる1番小さなサイズのナノSIM。 iPhone5からはすべてこのサイズ。 音声通話専用のSIMカードとしては、取り扱っていないところもあるので注意が必要。 マイクロSIMと同じく接触面すべてが金属端子になっているため、装着時には注意しよう。

標準サイズのSIMカードは一部でしか使われない

PSP Vitaやモバイルルーターなどでしか標準サイズのSIMカードは使われません。 スマホはどんどん新しいのが出ていますが、基本的にはマイクロSIM以下の小さいSIMカードが主流になります。 サイズによって速い遅いなどの機能的な差はありません。 自分が使おうとしているスマホのサイズにSIMが合うのかどうかは、事前に調べておくことが重要。

iPhoneなら3種類ある

たとえばiPhoneであればiPhone6とiPhone5はnano-SIMカード。 iPhone4になるとmicro-SIMカード、iPhone3から3GSはSIMカードというように分かれています。 iPadでもiPadとiPad MiniでSIMのサイズが違ってきます。 間違えないようにするには、スマホの会社の商品情報をチェックしておくべき。 Galaxy6sはnano-SIMのサイズなど、スマホによってサイズが変わるので要チェックです。

SIMのサイズが合わなかったら

SIMのサイズが合わなくても、サイズ変更が可能。 ただし交換手数料に2,000円ほど必要になります。 交換するのって面倒!と思う人は、まず1番小さいサイズのSIMを選んでおき、そのあとからアダプタを使えばなんなく使えるようになります。 【関連記事】iPhone同士でサイズの違うSIMカードを使う方法

関連ページ

SIMカードとは?SIMカード&SIMフリーの基礎知識
SIMカード、格安SIMってなに?
別のiPhoneにSIMカードを使えるか?
複数のiPhoneにSIMカードをさして使えるか?
格安SIMカードでメールはできる?
格安SIMでメールはできるのか?
格安SIMカード、エリアと通信速度は大丈夫?
格安SIMの電波のエリアと通信速度
データ通信のみのSIMカード&SIMフリーの月額料金は?
データ通信専用SIMの基礎知識、メリット
SIMカードなしでWi-Fi、Wi-Fiスポット、おサイフケータイは使える?
SIMカードなしでWi-Fi、おサイフケータイは使えるのか
格安SIMカード&SIMフリーで通話はできるのか?通話料金を安く抑えたい!
格安SIMで通話を使う方法、節約する方法