格安SIMの通話量を抑える方法

格安SIMの通話料は通話アプリでグッと下がる

格安SIMのデメリットは通話料

格安SIMを使うと、月々の料金をとても安く抑えることが出来ます。

 

しかしネックになってくるのが通話料の高さ。格安SIMを選ぶデメリットの一つです。

 

大手キャリアでは料金競争の中で通話料定額プランが一般化しましたが、格安SIMを扱っている事業者の通話料のプランは今でもほとんど従量課金制。

 

概ね20円/30秒の通話料金がかかることがほとんどです。

 

仮に月5時間程度通話をしたと仮定すると、約1万円の通話料になってしまいます。

 

これでは格安SIMに乗り換えたメリットが無くなってしまいますね。

 

そこで活用しておきたいのが通話アプリです。

 

IP電話で通話料を安くする方法

 

無料通話アプリを活用しよう

通話料を抑えるためにまず活用したいのが無料通話アプリ。

 

代表的なものだとLINE、Skype、カカオトーク、Viberなどがあります。

 

これらのアプリは通話にLTEや3Gの電波を使うので、通話量にカウントされません。

 

なのでいくら電話をかけても0円!是非活用したい手段です。

 

 

では一番いい通話アプリはどれなのか?どれを選んだらいいのか?

 

アプリはそれぞれ得意、不得意なことや特徴もさまざまですので、環境や状況、やりたいことに合わせて使い分けた方がいいです。

 

状況別におすすめのアプリをご紹介します。

 

 

通話アプリを使い分けよう

 

初心者向け

「LINE」がオススメです。理由は普及率の高さ。
大多数のスマホユーザーが使用しているLINEなら、わからないことも人に聞きやすいですし、ネットの情報や関連書籍も多く、わからないことも少ないかと思います。

 

固定電話や携帯電話と通話するなら

 基本的に無料通話アプリは同じアプリを使っている人同士でしか無料通話はできません。そのかわり、「Skype」や「LINE」には有料のプランがあります。
有料ではありますが、普通に電話をかけるよりも半額以下で通話ができますので、よく電話をかけるという人にオススメのプランです。

 

仕事、ビジネスにに使うなら

断然「Skype」がおすすめです。
Skypeはスマホだけではなく、パソコンの無料通話アプリとしても世界で圧倒的多数のシェアを誇ります。
Skypeは一昔前から無料通話やビデオ通話で大人気のアプリです。
ビジネスで活用してる方も多く、パソコン、スマホを持っている方ならだれでも使える有能なツールです。

 

海外へ電話をかけるなら

とても料金がかかるイメージのある国際電話。これも通話アプリで解決できます。
オススメは「Viber」。「LINE」は日本では大多数のシェアを誇りますが、海外ではまだ少なく、欧米にはあまり普及してません。(アジアの地域では人気が出てきているようです。)
Viberは海外では老舗の無料通話アプリとして有名ですので、こちらをオススメします。
もしも韓国の友達が多いなら、韓国でのシェアは「カカオトーク」が高いのでこちらを使うと良いと思います。

 

会議をするなら

会議にオススメの通話アプリは「カカオトーク」です。
無料通話アプリでは唯一5人同時通話が可能のアプリです。
Skypeもグループ通話が可能ですがパソコンで限定の機能ですので除外します。
また、グループチャットが便利な「LINE」もオススメです。

 

ビデオ通話が使いたい

ビデオ通話にオススメのアプリは「Skype」です。
「LINE」もビデオ通話ができますが音、画質ともに「Skype」の安定感には勝てません。
スマホで使う場合ビデオ通話は音声通話より通信量の負荷が高いので速度制限がかからないように注意が必要です。

 

 

 

いかがでしたか?通話アプリはそれぞれに違った特徴があり、使い勝手も状況に合わせて変わってくるので、ご自分に合ったベストなアプリを見つけてくださいね!

関連ページ

PS Vitaを外でも遊ぼう!格安SIMカードで料金節約!
PS Vitaも格安SIMで料金節約!
海外や短い期間で使うなら使い捨てのプリペイドSIMカードを活用しよう
海外に行くなら絶対にSIMフリー!プリペイドSIMの活用方法